MENU

男を虜にする最強にモテる女のテクニック

「男を虜にする」
このフレーズってよく聞いたことありますよね。
これを聞いたり見たりすると、女性なら誰でも気になるものです。
ちょいモテ女よりも、最強モテ女になるためには、男性にどう接すればよいのでしょうか?

 

1.堅くない女になろう

「私は簡単に男性とは付き合わない」
というオーラを出していませんか?
一見、男性は追いかけてみたくなる、いわゆる「高嶺の花」ですが、これはあまりお勧めできない態度ですね。
女子から見ても、このような女性は友達として苦手な感じですよね。
それは男性も同じことです。
いつも楽しそうで、笑顔がたえない女性を見ていると、なんだか一緒にいたいし、居心地がいいなと感じさせることができるのです。
当然、普段から遊びに誘われることが増えて、他にも知り合いができていきますよね。
外見も中身も、堅いガードで固めていたら、どんな男性もどうしたらいいのか迷って、スルーしてしまいますよ。
どんな男性とも笑顔で接して、なおかつ「いつでもあなたを好きになってしまいそう」という雰囲気を、あえて男性にアピールできるのが、男性の期待度をアップさせるのです。

 

2.涙の流しドコロを知る

あえて「ドコロ」といったのは、男性の前で涙を見せるタイミングが、ちょっと難しいからです。
このタイミングを間違えると、好調にすすんでいた関係も、一転して微妙な空気になる恐れがあります。
男心を揺さぶる涙を、効果的に流すタイミングとは、明るくてノリがいい女性のイメージが定着した頃です。
「いつもはあんなに強そうなイメージなのに、何があったんだろう?」
「自分の前で泣くのは、頼っているからなんだ」
という風に、男性は守ってあげたくなるのです。
女性の涙に弱いのは、男性の特徴ですから、いいなと思う男性がいれば、タイミングよく涙を流して、悩み相談などをしてみましょう。
そんなれば、「本当は弱いところを知っているのは自分だけ」と考えて、気になって仕方がないようになるのです。

 

3.脈ありのきっかけを作ってあげる

男性は、気になっている女性にアプローチするときには、意外と慎重になるものです。
楽しそうだったり、悩み事を相談したり、コロコロ変わるその変化に、戸惑ってしまうほどナイーブな心をもっています。
「自分のことを好きみたいだけど、勘違いかもしれない」
と、男性が気になりはじめたら、そこが隙であり、「きっかけをつくってあげるタイミング」です。
さりげなく、気をもたせるような言動をつづけていれば、必ず自分なりの確信をもって、アプローチしてきます。
気になる男性なら受け入れて、そうでもないなら、やんわりと「友達でいたいな」という防御線をだしていくのが、男心をくすぐるモテるテクニックです。

 

おわりに

出逢う男性のほとんどを、虜にしてしまう最強モテ女になるテクニックは、タイミングが命です。
笑って楽しく、泣いて頼って、脈ありチャンスをつくること。
この間は、ずっと男性に対して「私はあなたを好きになるかもね」というサインを送りつづけているのも、最強にモテるテクニックです。
今日からまわりの男性たちの心を、虜にさせる最強モテ女になってください。